明石市で格安の引越し業者の探し方

明石市で格安の引越し業者の探し方

明石 引越し 相場

明石 引越し 価格

明石 引越し 見積もり

明石 引越し 比較

明石 引越し安く

 

明石市の引越しで検索すると、30件近い引越し業者がヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
それは100%の人が満足と答える引越し業者は存在しないからです。
それなら引越し業者はどこもたいして変わらないのだろうと思われるかもしれませんが、違いはあります。

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。
とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ってくださいね。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違います。
比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはもったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。
しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。

 

できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

明石 引越し

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しの通常期(オフシーズン)と繁忙期(オンシーズン)

 

引越し件数は3〜4月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ、引越し料金が最も高い時期となります。
通常期(オフシーズン)に比べると、費用に大きな差があります。

 

明石市 引越し業者 通常期

 

明石市 引越し業者 繁忙期

 

引越しが3〜4月に多いのは、4月から大学に入学する学生や就職した新社会人、また人事異動で新年度から新天地へ行く会社員の移動がすべて3〜4月に重なるからです。
この時期は引越し業者はスタッフを増員したり、1日に回る件数を増やすなど対策を講じますが到底人手が足りません。
ですから繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期でも少しでも費用を安くしたいなら、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを依頼することです。
安くて良い引越し業者ほどどんどん予約が入りますので、引越し日ギリギリになるほど高い業者しか残っていない可能性があります。

 

繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備することが重要です。

 

 

引越しの手順

 

明石市引越手順

 

引越しはすることが多くて大変ですが、順番にこなしていけば案外すんなり終わります。
まずは大まかな手順を覚えておいてくださいね。

 

・新居が決まったら、すぐに引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し業者への見積もりは、新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
エレベーターありの4階となしの4階では同じ料金ではないので、新居が決まったら早めに見積もりを取って、引越し業者をおさえましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包します。その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。
荷物が多いと引越し費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法でどんどん処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
健康保険や年金についても役所で聞いておく。
市外へ引越しする際は、転出届を提出します。
さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
新居での手配を忘れて電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いですのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便局に転送の手続きをしておくと1年間は新居に届くようにすることができます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日に荷物引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内での引越しなら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておきましょう。
選挙のハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
運転免許証やパスポート、保険、カード類などは住所変更の手続きが必要ですので各会社に問い合わせましょう。
免許証は身分証にもなりますので、必ず行いましょう。

 

 

引越しのあいさつ

 

引越し挨拶

 

引越しの挨拶には行った方がいいです。新生活において、挨拶もできない人という印象はよくないですね。
ではいつ行けばいいのでしょうか?

 

引越しのあいさつは引越し当日か翌日には行きましょう。
先延ばしにすると面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

手ぶらよりは簡単な粗品を用意して行くのがおすすめです。
粗品は500円〜1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。
コーヒー、紅茶、お茶、タオル、洗剤などの消耗品が喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
もし近くに大家さんや管理人さんがお住いであれば、ご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がない事が多いです。
そういう場所ではおそらく町内で当番制があり、順番で清掃を行っているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですよ。

 

 

引越しの初期にかかる費用は?

 

引越し初期費用

 

引っ越しをする時には結構なお金がかかりますが、その中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
物件を契約するときにかかる費用にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用など

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修繕するための費用で入居前に管理会社に預けるという形で徴収されます。
修繕する箇所が少なくて費用が余れば返金されることもあります。
自分が入る前からある大きな傷やへこみ、汚れは家具を入れる前に写真に撮ってデータを保存しておきましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われるお金で昔からの慣習となっていますが、最近は礼金ゼロという物件も増えています。
アパート経営人気で一人暮らしの物件が増えたので、少しでも入りやすくという大家さんの意向で決まります。

 

・仲介手数料は物件を扱う不動産会社に支払う費用です。法的には〇〇円という決まりはないので、会社によって金額が異なります。
仲介手数料無料の会社もあります。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。
家賃1カ月無料の物件もあります。大家さんによって扱いが変わります。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用のことです。
社会問題となっている家賃滞納のリスクに備え、契約書に連帯保証人を記載するのが昔は一般的でした。
しかし最近は核家族、一人っ子、親戚付き合いの希薄などで連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しましょう。
日本の住宅事情は木造住宅が密集しており、どこが火元でも燃え移りやすい構造をしています。
火元の住人1人が加入している火災保険の保険料で延焼したお宅すべてをまかなうことは不可能です。
火事はお互いさまであり、もらい火をした場合でも火元の住民に賠償を求めることはできません。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多く、一体スペアキーをいくつ作ったのかは大家さんにも管理会社にもわかりません。
前の住人が良い人と言う保証はどこにもありませんから、防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

引越しのオプションについて

 

明石 引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と輸送費とオプション代とで成り立っています。
引越し業者の代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

依頼が多いのがエアコンの取り付け・取り外しなのだそうです。
エアコンの移設は室外機もあるので自分でやろうと思ってもできません。
引越し日よりも前に電気屋を手配して外してやって、引越し後に再び取り付けてもらうのも面倒なのです。

 

引越し業者にオプション依頼をしておけば、引越し当日に専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

車の移送も遠距離引越しの場合、忙しくて自分で運転して持って行けないときに便利です。
ピアノは高価な楽器なので運搬には細心の注意を払って専門スタッフがつくことが多いです。
このように、オプションは特殊な運搬を担っています。

 

 

那覇 引越し業者 吹田 引っ越し業者 江戸川区 外壁塗装 大田区 外壁塗装